候補文字ラティス法による枠無し筆記文字列のオンライン認識

村瀬 洋  若原 徹  梅田 三千雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.4   pp.765-772
発行日: 1985/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (画像処理特集)
専門分野: 文字認識,図面読取り
キーワード: 


本文: PDF(611.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
筆記制限の少ない文字認識技術は真に扱い易い入力形態を追求するうえで重要である.本論文では,セグメンテーション指示なく罫線上に自由筆記された仮名漢字文字列のオンライン認識法として,以下の4段階から構成される「候補文字ラティス法」を提案する.入力文字列中から文字らしい部分を候補文字として抽出する.候補文字を認識し,結果を相異度とともに候補文字ラティスに登録する.ラティス探索により相異度の和を最小とする文字系列を認識結果として選択する.偏と旁により左右に分離する文字のセグメンテーションに対し文字の縦横比を利用した分離有意文字処理を適用し認識結果を修正する.上記処理により,文字列からの文字のセグメンテーションと各文字の認識とが融合され,不定ピッチ文字列,文字間で重なる文字列,大小文字混在の文字列等を高精度に認識することが可能になる.認識実験を行った結果,105個の文字列に対し96.3%の認識率が得られ,本手法の有効性が確認された.