コンピュータグラフィックシステムLINKS-1における並列処理の性能評価

西村 仁志  出口 弘  辰己 敏一  河田 亨  白川 功  大村 皓一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.4   pp.733-740
発行日: 1985/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (画像処理特集)
専門分野: 画像の生成
キーワード: 


本文: PDF(616.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
疎結合構成のマルチマイクロコンピュータによる分散型並列処理システムを試作し,視線探索法を用いた画像生成システムを実現した.これによって,物体の三次元形状や材質感を高品位に表現できる陰影表示による動画制作が可能となった.本論文では,画像生成の高速化の手法,特にその並列処理機構についてのべ,その性能評価実験の結果を報告する.ルートコンピュータ(RC)と複数台のノードコンピュータ(NC)から成る星状接続構造(旧アーキテクチャ)においても,NCヘバッチ転送ができる場合には台数分だけの高い並列処理度が約束される.しかし,その有効な台数には内部処理時間とデータ転送時間の関係から決まる上限が存在することも示す.そこで新しいシステムアーキテクチャ,即ち,システムを階層的な木構造にすることを提案し,その性能評価実験を行ない,またこれによってさらに多数のコンピュータを高い並列処理度で稼動させることができることを示す.