3次元ディジタル画像の逐次型薄面化アルゴリズムについて

川瀬 洋一  横井 茂樹  鳥脇 純一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D    No.4    pp.481-488
発行日: 1985/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (画像処理特集)
専門分野: アルゴリズム,理論,投影からの再構成
キーワード: 


本文: PDF(632KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文は,3次元ディジタル画像(3D画像)の薄面化処理のための新しいアルゴリズムを提案し,その性質を検討したものである.3D画像の薄面化は,3次元画像データ中の幅や厚みのある図形を厚さ1の曲面状または線状の図形に変換するもので,2次元画像処理における細線化に対応する重要な処理である.本文の方法は,次のような特徴を持つ:逐次型アルゴリズムである,4種類の連結性(6,18,18′,および,26連結)のすべてに対して適用できる,原図形のトポロジカルな性質を保存する,連結性保存(の性質)の証明が明快である,1-画素の消去可能性のテストに独自の方法を用いる.本方法は,適当な人工図形,および,X線計算機断層像に対して適用されてほぼ所期の性能を示すことが確かめられており,Tsao and Fuの並列型アルゴリズムと並んで,3D薄面化手法の基本をなすものと考えられる.