P値組合せ論理回路における表を用いての故障検出入力ベクトルの生成

山本 喜則  藤田 志郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.12   pp.2027-2035
発行日: 1985/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム・構成要素
キーワード: 


本文: PDF(662.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
多値論理の研究において,最近は種々の集積化された論理デバイスを用いた多値論理回路が報告されている.これに伴い,将来,多値論理回路の故障検出,診断技術の検討が重要になるものと考えられる.本論文では,比較的小規模なP値組合せ論理回路における固定型故障検出入力を求める為の,表を用いた1つの方法を述べる.まず,固定型単一故障検出入力を求める手順を示し,この手順により,一定の仮定のもとでP値組合せ論理回路における固定型単一故障を検出する完全なテスト入力が得られることを示す.次に,固定型二重故障について同様な議論がなされる.また,以上の方法はP=2の場合にも適用でき,プール微分を用いた論理式による故障検出入力を求める手法と,ここでの方法との関連を考察する.