摺動集電系における雑音電流を用いた離線アーク放電率の一測定法

藤原 修  福島 秋夫  雨宮 好文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J68-C   No.9   pp.731-736
公開日: 1985/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 計測・応用工学
キーワード: 


本文: PDF(551.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
電車走行時の集電部に生じる離線アークはトロリー線・パンタグラフすり板を摩耗させるので,これの放電率(電車走行時間に対するこの間に生じた全アークの積算放電時間の比)を測定することは集電用材料の摩耗量の予測・評価に役立つ.筆者らは,集電パンタグラフでの放電率測定の一方法として離線アークに伴う雑音電流のパワースペクトルを用いる測定法を提案した.本論文では,雑音電流パワースペクトルのレベル計算式を離線アークの放電率と集電部近傍の回路定数等の諸因子を含む形で導出し,これによって放電率を2周波以上のパワースペクトルレベルから逆推定し得ることを示した.このことの妥当性は,離線アーク波形の多周波パワースペクトル値による数値例と摺動接点間電圧の2周波パワースペクトルの測定レベルを用いる実験例とによって確認できた.