半波長アンテナ近傍の眼球を含む頭部モデルの温度上昇

上林 真司  雨宮 好文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J68-B   No.6   pp.737-744
発行日: 1985/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 電波応用
キーワード: 


本文: PDF(614.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯無線機使用時の電波ハザード(眼の白内障)発生の可能性につき検討するため,半波長アンテナ対人体頭部模擬球体のモデルにおいて,出力7W,周波数0.2~2GHzの場合の眼球(血流量は零とする)の上昇温度の計算を行った.まず吸収電力分布を簡単な近似式で表し,2区分モデル(頭部と眼球)を用い,定常状態については上昇温度の解析解を導出し,過渡状態については数値ラプラス変換法によって数値解を求めた.計算の結果,以下のような知見を得た.眼球内部には血流がないため,眼球中心付近で温度上昇のピークが生じる.上昇温度は,照射電波の周波数,眼球周囲の血流量に大きく依存する.温度上昇の時定数は500秒及至2,000秒程度と長いので,上昇温度の定常値が高くても照射時間が短かければ上昇温度は充分低くなることが期待できる.