回路関数の分母,分子素子導関数の計算法と感度解析

本間 仁志  伊藤 宏一  佐川 雅彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J68-A   No.8   pp.725-732
発行日: 1985/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 回路理論
キーワード: 


本文: PDF(590.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
回路関数の分母,分子の素子による導関数を用いることによって,素子値の変化に伴う回路網の特性変動の予測や評価,回路の最適化等に必要な種々の感度は,容易に計算される.しかし,報告されている導関数の計算法は,導関数を求める素子の数mmn(但し,回路を表現する行列のサイズをn×nとする)の場合,つまり,多くの素子について計算を行なう必要がある感度解析には適さない.本論文では,J. Vlachらの方法の冗長度を改善したものを基本とすることによって,ディジタル回路,アナログ回路,スイッチトキャパシタ回路の分母,分子の高次までの導関数を計算する方法を示す.本文では,提案する方法と従来の方法を,必要な記憶容量と乗算回数について比較し,多くの素子について感度解析を行なう場合ほど,本方法が有効となることを確認している.最後に,本理論に従って実際にプログラミングを行ない,素子感度を計算した幾つかの例を示している.