リスト処理向きデータフローマシンアーキテクチャの評価

長谷川 隆三  三上 博英  雨宮 真人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.9   pp.957-964
発行日: 1984/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(656.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
副作用を排除したリスト処理にデータフロー実行制御を取り入れることにより,基本演算レベルの並列性が自然に抽出される.更に,関数の部分的実行及びLenient cons機構の導入によりリストのパイプライン処理が可能になるが,実現上は,構造メモリへのアクセス競合やデータフロー制御における処理の並列化のためのオーバヘッドが問題となる.本論文では,これらの問題の解決を図り,メモリ演算と実行制御間のパイプライン化,メモリアクセスの分散化を実現するリスト処理向きデータフローマシンの構成法を示し,ソフトウェアシミュレーションによる実行特性の評価について述べる.ここでは,データフロープログラムをシミュレータ上で走行させ,リストの並列処理特性,Lenient consによるパイプライン処理効果を検証するとともに,処理の並列化のためのオーバヘッドが実行時間に殆ど影響しないこと,構造メモリのバンク分割とcons命令の各バンクへの均等配分によりアクセスの分散が図れることを明らかにしている.