文節エディタを持つローマ字漢字変換システムTROMBONE

千葉 和彦  浅見 徹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.7   pp.784-791
発行日: 1984/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(664.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
カナ(ローマ字)漢字変換方式は,日本語文章の計算機への容易な入力手段とされているが,入力文のわかち書きや,変換誤りの発生による訂正作業などに問題が残されている.本論文では,誤変換された部分を容易に訂正する機能を持つローマ字漢字変換システムTROMBONEについて述べている.TROMBONEでは,ローマ字漢字変換における変換誤りは不可避であり,人手による訂正作業が必須であるとの立場から,このような誤りの訂正のため文節エディタを持っている.文節エディタでは,発生しやすい誤変換に対応したコマンドが用意されており,訂正作業が効率的に行なえる.一方,入力ローマ字文に対しても,文節内での切断の禁止のみを規則とする『文節を最小単位とする自由なわかち書き』を採用し,入力作業者の負担を軽減している.また,TROMBONEによるベタ書きローマ字文,文節わかち書きローマ字文の変換実験により,TROMBONEの変換能力,文節エディタの有効性を示す.