大規模画像に対する細線化アルゴリズムのパイプライン方式による効率化

中山 晶  木村 文隆  吉田 雄二  福村 晃夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.7   pp.761-767
発行日: 1984/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(629.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,画像に含まれる図形の線幅が予め知られているとき,既存のアルゴリズムを修正して,その最大線幅の半分より少し大きい行数の部分画像を処理対象として画像を列方向に一度走査するだけで元のアルゴリズムと等価な細線化図形が得られるようにするパイプライン方式を提案する.本方式による既存のアルゴリズムの実行では,主記憶と補助記憶間のデータ転送回数が著しく削減されるばかりでなく,従来の画像全体を何度も走査する種々の方法に比べて処理時間が短縮されると共に,必要な主記憶容量が大幅に削減される.このため比較的小規模な計算機で大規模な画像が手軽に扱えるようになる.本手法の有効性を評価するため,2種の画像データ(道路線図,気象図)に本手法を適用し,本手法の有効性を明らかにした.