文字の微細構造に着目した書写学習システム

山崎 敏範  井口 征士  桜井 良文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.4   pp.442-449
発行日: 1984/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(645.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
漢字を整えて書写するための学習システムを述べる.整った字を書くためには書写のための基礎的技能をふまえた学習が必要である.本論文では,文字の大まかな特徴に注意して字を書くことから一歩進んだ学習として,点画のはね,曲がりの局所特徴,交わり方,接し方の位相特徴などの文字の細かな部分をも考慮した書写学習システムを述べる.整った字がもつ標準的な局所特徴,位相特徴を手本としてデータベースに登録する.練習文字の局所特徴は,点列データをチェイン・コード化し,ライン・セグメントの角度変化により抽出する.交点はストロークを直線近似して求める.接点は端点から各データ点の距離を目安として決定する.抽出した各特徴を手本である標準データベース中の特徴テーブルと比較して,不適切に書かれたストロークを抽出し,字体を整えるためのガイダンスを出力する.小学校2年,3年生の書いた教育漢字を対象として本手法を適用した結果を述べる.本システムは文字認識と比べて小規模なもので,マイコン,タブレットが高性能・低価格になった現在では,教育現場で使用できる実用システムとして実現可能なものである.