接続ルールを導入した候補ラティス法によるオンライン手書き線図形認識

村瀬 洋  若原 徹  梅田 三千雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.3   pp.273-280
発行日: 1984/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(601.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
複数のシンボルと直線から構成される手書き線図形を対象に,自由書式,任意の画数と筆順での筆記を許し,かつシンボル間のセグメンテーション指示を不要とするオンライン線図形認識法について述べる.本認識法は以下のように構成される.入力図形からストローク端点の位置情報を用いて各シンボルおよび直線に対する候補図形を抽出し,候補ラティスに登録する,候補ラティスから入力図形との形状相異度を最小とするシンボル系列を探索し“仮の認識結果”として選択する,上位概念として導入したシンボル間の接続ルールに“仮の認識結果”が矛盾する場合には候補ラティスを修正し再度シンボル系列の探索を行い,この処理を反復することにより接続ルールに矛盾しないシンボル系列を最終認識結果とする.認識実験を行った結果,100枚のフローチャートおよびブロック図に対し96.1%の認識率,40枚の論理回路図に対し93.2%の認識率が得られ,本手法の有効性が確認された.