認識情報及び単語・文節情報を利用した文字認識後処理

新谷 幹夫  目黒 眞一  梅田 三千雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.11   pp.1348-1355
発行日: 1984/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(650.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般文章に対する文字認識の精度向上のためには,効果的な後処理法の確立が重要である.本論文では,単語・文節等の言語情報の他に認識処理において得られる諸情報を利用することにより,文字認識後処理の高精度化を検討している.言語情報の利用としては,単語辞書を用いる単語処理,形態素解析を行う文節処理,の2つを検討し,その能力を定量化するとともに改良を加えた.また,認識処理における情報の利用法として,距離値を用いてリジェクト判定を行う再リジェクト処理,リジェクト文字と文章内の他の文字との間で特徴量の照合を行う文章内照合処理,の2つの処理を提案し,その特性を考察した.その結果をもとに,上記処理を効果的に組み合わせた複合後処理法を提案し,その後処理能力を実験的に求めたところ,リジェクト文字の87%以上が救済されることが明らかとなり,その有効性が確認された.