M-AND,M-OR及びNOT演算によるp値論理関数の標準形

藤田 裕明  佐藤 邦夫  小高 明夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.10   pp.1266-1267
発行日: 1984/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 技術談話室
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(252.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Lukasiewiczにより示された演算(ここではM-AND,M-OR及びNOT演算と呼ぶ)を基本演算とするp値論理関数の標準形を提案する.