3次元ディジタル2値画像の境界追跡について

松本 哲也  鳥脇 純一郎  横井 茂樹  福村 晃夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J67-D   No.10   pp.1250-1257
発行日: 1984/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(572.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,3次元ディジタル画像の境界追跡の一方法を提案し,その方法を実際のデータに対して適用した実験結果について考察し,さらに,追跡アルゴリズムを画像解析に応用した例を述べる.これまで,3次元2値画像の境界追跡アルゴリズムに関しては研究・提案はあまり多くはなく,わずかにHerman等による報告が見られるのみである.Herman等の方法は3次元画像の表示を目的とし,2次元画像の境界追跡における辺追跡型を拡張した形の0-画素と1-画素の対を追跡する.しかし,この方法では,1-画素のみを追跡する場合に比べて,追跡すべき要素の数がかなり多くなってしまい,また,画素自身の連結関係も直接的には求めにくいといった欠点がある.そこで本論文では,2次元画像の境界追跡における画素追跡型に対応する方法,すなわち,値1の境界画素自身を追跡する方法を用いて,6,18,および26連結のすべての図形に対して適用できる境界追跡アルゴリズム,および境界画素リストから原画像を復元するアルゴリズムを提案し,Herman等のアルゴリズムとの比較を行う.さらに,この手順の実行と同時に3次元画像間の包囲関係を抽出する方法も示す.