多値変調無線方式における伝搬歪の統一的解析

村瀬 武弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J67-B   No.8   pp.908-915
発行日: 1984/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(653.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロ波帯ディジタル無線伝送方式では,周波数選択性フェージングによる波形歪が伝送品質劣化の支配的要因となっているが,未だ各種の無線方式に統一的に適用できる伝搬歪の評価法は見いだされていない.本論文は波形係数という新しいパラメータを導入することにより,変調方式・符号速度等異なる種々のディジタル無線方式に統一的に適用できる伝搬歪の評価法について考察したものである.ここでは波形係数という新しい概念を定義し,それを用いることによりアイアパーチャが簡潔に求められることを示すと共に,各種変調方式の波形係数を求めた.つぎに2波干渉フェージング時の伝搬パラメータと波形係数との関係をもとに,見通し内伝搬における各種ディジタル無線方式の瞬断率の推定式を導出した.本論文で提案した波形係数はシステムの単一パルス応答,符号速度,変調方式が与えられれば一義的に決まる定数であり,システムのフェージングに対する強さを知る上で重要な尺度を与えるものである.