擬似電源回路網を用いた自動車用電気・電子機器の伝導雑音測定

山本 新  小関 修  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J67-B   No.3   pp.313-319
発行日: 1984/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(589.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
自動車用電子機器の増加と高機能化に伴ない,これら機器に対し,より一層電磁気的な信頼性向上が要望されるようになってきた.本論文は,自動車用電気・電子機器の実験室における伝導雑音測定について述べている.まず,国産乗用車6車種の電源線のインピーダンス特性を測定し,これらの特性は,10Hz~1kHz,1kHz~数MHzおよび数MHz~60MHzの3つの周波数領域に分けられることを示している.つぎに,この測定結果をもとに製作した国産乗用車の擬似電源回路網の構成とその特性を示している.さらに,開発した伝導放射雑音測定と伝導イミュニティ測定の測定法と測定システムについて示している.これら測定の適用周波数は,150kHz~60MHzである.伝導放射雑音測定では,供試電気機器の発生する雑音の周波数領域での雑音レベルの発生頻度分布が測定でき,伝導イミュニティ測定では,供試電子機器の誤動作モードとそのレベルが測定できる.