高速・多値ナイキスト波形の実現法

斉藤 洋一  松江 英明  小牧 省三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J67-B   No.3   pp.265-272
発行日: 1984/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(885.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高精度な波形伝送技術は,高い周波数利用効率を有するディジタル無線方式を実現する上で重要な技術的課題である.バイナリ・トランスバーサルフィルタ(BTF)は,所望波形を得るための設計が直接時間領域において実行できるため高精度化の期待できる有効な手段である.本論文は,BTFに関して新しい構成法を提案し,その設計法とそれにより得られた実験結果を述べるものである.新BTFは高速・多値信号へ容易に応用でき,伝送系の変更に対して柔軟に対処できるようシフトレジスタ,プログラマブルROM(PROM),全加算器及びD/A変換器の素回路が多相クロック信号により駆動される構成である.BTFの標本化周波数,タップ数とタップ係数,D/A変換器の所要量子化数及びクロック信号の許容位相誤差について計算機を用いて設計し,各要因がスペクトル特性,符号間干渉特性に与える影響を解析した.また,本構成及び設計法に基づき12.5MBの4値ナイキスト波形が高精度に,無調整で実現できることを示した.