マルコフ再生過程による非再生点を含むペトリネット表現されたシステムの確率的挙動の解析

菅澤 喜男  村田 光一  倉林 良雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J67-A   No.8   pp.819-825
発行日: 1984/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(535.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
システムの信号あるいは情報の流れを抽象化し,簡潔に表現できる記述方法としてペトリネットがある.特に,並列的あるいは並行的な動作をするシステムをモデル化するのに有効な方法として知られている.更に,システムをペトリネットで表現して,システムの構造的な特性や挙動を明らかにするための解析方法を論じることも,ペトリネットの利用方法として考えられている.例えば,ペトリネット表現されたシステムをストキャスティック・ペトリネットとしてマルコフ過程を用いてシステムの確率的挙動を解析した研究がある.本論文では,ペトリネット表現された簡単なセマフォシステムを例として,転位が発火した時点に着目することによりシステムの状態を再生点と非再生点とに区別し,システムの挙動をより適確にとらえる.その結果,マルコフ再生過程を適用することによりシステムの確率的挙動を極限確率を求めて明らかにする.最後に,数値例において,時間比の概念を導入して時間比の変化と極限確率の関係からシステムのデッドロックについて示す.