選択的ストローク結合による画数・筆順に依存しないオンライン文字認識

若原 徹  小高 和巳  梅田 三千雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J66-D   No.5   pp.593-600
発行日: 1983/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(618KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,楷書体での自然な筆記によるストロークの分断・統合という画数変動および任意の筆順変動を許容するオンライン手書き文字認識法について報告する.認識法は4段階から構成され,互いに画数・筆順の異なる入力パターンと標準パターンとの間で,すべてのストロークを等間隔刻みで抽出した特徴点列で表現し,ストローク間距離を算出する,画数の少ない方のパターンの全ストロークを,重複なくストローク間距離和を最小とするように,相手パターン中のストロークに対応づける(筆順変動吸収),画数の多い方のパターン中の未対応ストロークを既対応ストロークに選択的に結合し,双方パターンの画数をそろえる(画数変動吸収),1対1に対応したストローク対ごとにDPマッチング法を適用してパターン間距離の算出を行う.当用漢字1851カテゴリーを対象に認識実験を行った結果,画数および筆順変動を含む場合で98.9%の認識率,画数は正しく筆順変動のみを含む場合で99.8%の認識率が得られた.また,累積分類率およびパターン間距離比の分布から本認識法の安定性について報告し,画数変動の種類を拡張した際の本手法の能力についても考察する.