降雨減衰をうけたミリ波衛星電波強度のAllan分散とサイトダイバーシチ切替えへの応用

吉村 和幸  篠塚 隆  鈴木 良昭  峯野 仁志  島田 政明  黒岩 博司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J66-B   No.8   pp.973-980
発行日: 1983/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(552.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
技術試験衛星型(ETS-)からのミリ波34.5GHzビーコン強度の降雨減衰,及び降雨量の時系列データについて,周波数安定度尺度(時間領域)として用いられているAllan分散を計算した.そして,これらがƒaa<0)型のスペクトル特性をもつランダム時系列であり,典型的にはa=-2,すなわちランダムウォークであることを明らかにした.次いで,降雨減衰をうけた時分割多元接続(TDMA)信号のビット誤り率(BER)のAllan分散を計算し,分散が最小になるような測定時間が存在し,数秒程度であることを見い出した.これをサイトダイバーシチ切替えを行う際の主局・副局における信号品質(BER)の測定に応用し,上記の最適測定時間が切替え誤りを最小にする測定時間とほぼ一致することを,理論と実験の両面から証明した.これらの結果は,国内通信衛星CSを用いた本格的なサイトダイバーシチ切替え実験に適用され,成功している.