ディジタル網回線損失の最適設計

澤栗 達也  山本 豊  佐藤 直  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J66-B   No.6   pp.735-742
発行日: 1983/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(641.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,電話及びモデム・ファクシミリサービスの伝送品質評価データを根拠として,ディジタル網の適正な回線損失設定計画を述べたものである.まず,回線損失を設計する上での網パラメータである,加入者系通話当量分布及びディジタル市内交換機加入者回路の2線・4線変換回路における端末リタンロス分布を網実態データに基づき推定した.次に,電話に関し,エコー品質劣化を無視できる短距離接続系と,エコー品質劣化を考慮する必要のある中・長距離接続系について,各々回線損失とオピニオンの関係を明らかにした.モデム及びファクシミリに関しては,開ループ損失と品質劣化の関係を実験的に求めた.前述の網パラメータ,及び電話並びにモデム・ファクシミリに関する評価データを総合評価した結果,端局相互全ディジタル網における回線損失は,エコー品質劣化を無視できる自局内接続系では4dB,エコー品質劣化を考慮する必要のある中・長距離接続系では8dBに設定するのが,良好な電話及びモデム・ファクシミリ伝送品質を確保するのに適正であることを明らかにした.最後に,現行アナログ網から端局相互全ディジタル網に至る回線損失設定計画を示した.