半無限誘電体スラブの近似回折係数

松島 章  青木 和男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J66-B   No.4   pp.501-506
発行日: 1983/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(413.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
厚みをもつ半無限誘電体スラブに平面波(E波又はH波)が入射したときの回折問題を,キルヒホッフ・ハイゲンスの原理に基づいて近似的に解析している.計算では,無限長スラブを半分取り除いてもスラブの界分布は不変であるとする仮定,すなわちキルヒホッフ近似を採用している.得られた遠方界より,厚い半無限誘電体スラブに対する近似回折係数を導出し,遠方界に幾何光学的解釈を加えている.次に,この近似回折係数を利用して誘電体四角柱による平面波の散乱界を近似的に求めている.これは,四角柱による散乱界を,互いに逆向きの2つの半無限長スラブによる回折界の重ね合せで近似するものである.これらの方法を用い,種々の誘電率及び寸法をもつスラブ及び四角柱に対して数値計算を行っている.ウィーナ・ホッフ法による精密解との比較により,本近似法はスラブの厚さが数波長以下であれば損失の大小に関係なく精度の良い遠方界が得られること,計算の手間もかなり省略できることを明らかにしている.