不均一分布定数線路を用いた低域フィルタの一設計法

小林 邦勝  根元 義章  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J66-A   No.6   pp.524-530
発行日: 1983/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(459.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は不均一分布定数線路を用いた低域フィルタの一設計法を示している.まず,放物線線路と指数線路の2種類の不均一線路と,並列集中キャパシタと均一線路からなる集中・分布混在回路の電信方程式の厳密解と低周波における近似解を,各々,求め,両者を近似的に等しいとおくことにより,不均一線路を集中・分布混在回路で近似表現する.次に,この近似等価関係を用いて,あらかじめ設計してある集中・分布混在回路の各区間を不均一線路で近似的に置き換え,不均一線路を用いた低域フィルタを構成する.この場合,近似的な素子の置換であるため,変換後の回路の特性はもとの集中・分布混在回路の特性とは異なってくるが,いくつかの数値例から,集中・分布混在回路の減衰特性よりも不均一線路を用いた回路の特性の方が立ち上がり特性が鋭くなり,阻止域の減衰量も多くとることができて,低域フィルタに適しているといえる.又,不均一線路を用いた場合には,集中・分布混在回路よりも集中キャパシタの数を減らすことができる.