複数個の同種記号について整理された回路関数を与える記号解析

本間 仁志  佐川 雅彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J66-A   No.5   pp.424-431
発行日: 1983/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(586.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
記号回路関数を最適化等に応用するためには,記号の並びの整理を行って始めて可能になる.また,素子を記号とする場合,幾つかの素子を同じ記号(同種記号)として扱う場合があるが,従来の記号解析法では,異種記号として処理する必要があり,多くのむだを含んでしまう.本論文では,複素内挿法を用いて,記号の整理,同種記号処理の問題を解決している.記号に適当な複素数を割当てることによって,辞書式に整理された記号の組合せの並びに対応する数値係数を,1次元FFTの出力として取出している.実際にプログラミングを行い,有効性を確認すると共に,同種記号を考えることによって,従来不可能であった多くの素子を記号として処理できることを確認した.本理論は,線形集中定数回路に限らず,分布定数回路,混在回路,スイッチトキャパシタ回路,ディジタル回路にも直接適用可能である.