通信環境におけるボコーダの品質評価

谷戸 文廣  来山 征士  榑松 明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J66-A   No.12   pp.1236-1242
発行日: 1983/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(594.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,小型船舶をサービス対象とする海事衛星通信システムにおいて,音声のディジタル伝送を想定して行なった各種音声符号化方式の品質評価結果を示している.上記システムでは技術的制約から,伝送速度を9.6kbit/s以下におさえることが望ましいことから,9.6kbit/s以下の伝送速度におけるボコーダ方式から,次の音声符号化方式を評価の対象とした;2.4kbit/sのチャネルボコーダ方式,2.4及び4.8kbit/sの線形予測符号化方式,4.8,7.2及び9.6kbit/sの残差駆動型線形予測(RELP)方式.また,品質評価には平均オピニオン値(MOS)を用いている.実回線を想定した条件下で評価試験を行なうため,帯域制限,回線伝送誤り,環境雑音などの影響について調べた.その結果として,9.6及び7.2kbit/sのRELP方式により良好な品質で音声を伝送できることを明らかにした.