オンライン手書き文字認識装置

小高 和巳  若原 徹  橋本 新一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J65-D   No.8   pp.951-958
発行日: 1982/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(862.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
日本語情報処理の拡大に伴って,簡便な漢字入力の必要性が高まっている.しかし,漢字は字種が多いため,効率の良い入力が困難である.オンライン手書き文字認識技術を用いた漢字入力法は,漢字を筆記しながら入力できるため,自然な操作性が得られる入力方式として期待されている.我々は,これまでに,漢字を構成するストロークを数個の筆点で近似し,筆順に依存しない認識アルゴリズムを提案して,十分な認識性能を示してきた.しかし,このアルゴリズムは,はん用計算機上にソフトウェアで実現されたもので,認識時間が長く,実用に供するには,専用ハードウェア化して,認識時間を短縮する必要があった.本論文では,このアルゴリズムをハードウェア化したオンライン手書き文字認識装置の構成について述べる.本装置はマイクロコンピュータ,乗算器,標準パターン用ROM等から構成され,当用漢字と平仮名計2,057字種を扱い,実時間認識(約6~500msec/文字)を達成している.本装置を応用して手書き文字で入力できる日本語ワードプロセッサーを実現し,漢字入力法の一つとして,オンライン手書き文字認識技術による入力方式が有効であるとの見通しを得た.