共有メモリ結合についてマルチマイクロプロセッサの並列動作について

阿江 忠  高橋 浩一  松本 健治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J65-D   No.3   pp.322-329
発行日: 1982/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(463.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロプロセッサ複合体は並列処理による速度向上の可能性に大きな期待がもたれているけれども,現在までの成功例は多いとはいえない.本論文ではボトルネックの一因である通信オーバヘッドが速度向上に与える影響について考察した.まず,簡単な解析モデルにおいて,通信オーバヘッド係数rを定義し,rをパラメータとしたときの速度向上比αをプロセッサ数Nを変数とする曲線で表現した.次に,共有メモリ結合方式の効率を論じたのち,サイクルスチールにより改良された共有メモリ結合方式を用いたパイロットマシンを製作し,基本ソフトウェアを作成した.このパイロットマシンにおいて,通信オーバヘッド係数rを測定した数置例も示している.