3次元ディジタル画像における1-要素の消去可能性と図形収縮について

米倉 達広  鳥脇 純一郎  横井 茂樹  福村 晃夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J65-D    No.12    pp.1543-1549
発行日: 1982/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(673KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本文では,3次元画像処理において,値1の要素(1-要素)を消去しても図形のトポロジカルな性質を変化させないかどうかの判定,すなわち消去可能性(deletability)の判定のための具体的手順を導く.この判定は,各画素の3×3×3近傍内における1-要素の配置に基づいて行われるが,そのための有用な道具として射影グラフの概念を導入する.さらに,消去可能要素を順次消去してゆく図形収縮アルゴリズムを与え,若干の実験例を示す.