チョッパ制御による電源トランスの小形化

大熊 繁  星 十郎  竹原 孝男  雨宮 好文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J65-C   No.11   pp.907-913
公開日: 1982/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(641KB)>>
論文を購入




あらまし: 
IC技術の発達と普及により電子機器の小形化は急速に進んできたが,電源部分の小形化は遅れている.最近電源部分の小形化のため,スイッチング電源が用いられるようになった.しかし,オーディオ機器やテレビ受像機等の高感度の受信機が近くに置かれる電子機器の電源には,雑音が問題となるスイッチング電源を用いることはむつかしい.一方,従来の直列制御方式の電源では,低雑音高精度ではあるが,重量,体積大,低効率という問題があり,小形軽量化が望まれた.本論文は,直列制御方式の電源の小形化を目的とし,小容量の安定化電源にもっとも多く用いられているコンデンサ入力整流回路を負荷とする電源トランスを小形化するため,トランス一次電圧を負荷電流の流れる期間のみ印加する方法を提案する.解析と実験を行った結果,電源トランスを1/2に小形化できることがわかった.本方法では,負荷電流が従来形と同様に流れるため,一次電流のピーク値,入力力率は定格負荷時において従来形と同程度であり,損失は減少する.また,出力電圧の定電圧化が可能であり,問題となる雑音はスイッチング電源に比べてかなり小さくなる.