人体深部に熱点形成を可能とする温熱療法のための電波励振方法

雨宮 好文  寺田 矩芳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J65-B   No.1   pp.78-85
発行日: 1982/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(604KB)>>
論文を購入




あらまし: 
「がん」治療への応用のため,電波加温方式に関する研究が注目を集めている.加温に当っては「がん」部の温度を他の部分に対して数度上昇させることが望まれており,従来種々の方法の提案がなされている.しかし,電波の浸透深さは例えば1,000MHz付近では2cm程度であって,深部まで加温しようとする場合生体表面において著しい過熱を招くので,深部加温は困難とされてきた.本論文では,人体深部の「がん」部において発熱量の極大を生じ,他の部での発熱量を比較的小さくおさえる電波励振方式を提案し,その加熱ポテンシャル及び電界分布を数値計算によって示した.本方式によれば,体内深部において熱点が形成され,しかも表面加熱量が軽減されるので,冷却の負担が軽くなることが分かった.又,本方式を実現するに当り必要とする電力もほぼ実現可能な値となることが分かった.