中層大気のレーダ観測とパルス圧縮

若杉 耕一郎  松尾 優  深尾 昌一郎  加藤 進  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J65-B   No.10   pp.1260-1266
発行日: 1982/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(563.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
中層大気(高度10~100km)をレーダでリモートセンシングする場合,大気は連続的に分布しているゆらぎのあるターゲットと考えられる.このようなターゲットに対してパルス圧縮技術を適用するうえでの問題点を議論した.静止ターゲットに関しては理想的な性質を持つコンプリメンタリコードと従来から観測に使用されてきたバーカーコードの性質をレーダあいまい度関数を用いてサイドローブ抑圧比を評価基準として検討した.その結果,サイドローブ抑圧比は前者がはるかに大きいこと,しかし後者はターゲットやレーダシステムの影響を受けにくい安定なコードであることが明らかとなった.実際の観測でこれらの特長を生かしたコードの選択をするための条件が,レーダターゲット及びシステムのパラメータの関係式として得られた.