判別分析による音素の特徴抽出

川端 豪
牧野 正三
城戸 健一

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J65-A    No.12    pp.1278-1285
発行日: 1982/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(625.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
与えられた音声入力から弁別的素性に代表される音素区分的特徴量を抽出する際,判別分析が有効な手段となる.本論文ではこの特徴抽出を目的として,以下の3点にわたり判別分析法の改良を試みる.(1)入力情報が多チャンネル且つ強い相互相関を持つ場合,その級内共分散行列の特異行列化に対処し得る一般化された判別分析法の提案.(2)判別されるべきパタンクラスが線形分離可能でない場合,2次超曲面による判別境界を形成するための,残差級内共分散行列を用いた複数判別軸の抽出法.(3)音素の動的な特徴量を捕える判別フィルタの提案,すなわち特徴量の変化パタンに対する畳み込みフィルタの,判別分析を利用した最適設計.以上の方法を用いて,成人男女各5名によって発声された212単語中の音素資料から「無声子音性」,「摩擦性」及び「無声破裂性」等の抽出を行い,識別実験によって評価,検討を加えた.識別率は,各々の特徴に対し93.1%,91.8%及び98.2%という高い値を得ており,本方法の有効性を確認した.