時不変ネットワークにおける変動入力粒子フロー流の時最適伝送

翁長 健治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J65-A   No.12   pp.1225-1232
発行日: 1982/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(567.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本文は枝容量Cと枝遅延dが時間的に不変なネットワークを通じて,変動する入力粒子フロー流を時最適に伝送する動フロー問題を取り扱う.まず最小コスト静フロー問題を逐次割当法を用いて解き,ルート情報{(piΔiτi),i=1,2,…,k}を得る.ただしpii番目の最小コスト道,Δiτiはその最大フロー増分量とコストである.次にこのルート情報を用いて動フローを構成し且つ時最適性を保存するアルゴリズムを求める.前半では時間とフローが共に離散的単位で測られる場合を解き,後半でこの成果を時間,フロー共に連続量である場合にまで拡張する.