多相方形波制御アナログスイッチを用いた並列入力形アナログフーリエ変換器

井上 浩  木村 達也  高木 相  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J64-C   No.9   pp.545-552
公開日: 1981/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(628KB)>>
論文を購入




あらまし: 
汎用のアナログスイッチ,加算器,フィルタを用いて簡単に構成できる,アナログ式フーリエ変換器を提案し,その基礎実験および応用例の実験結果について述べる.本フーリエ変換は,回路的には乗算器にアナログスイッチを用い,この制御に多相方形波を使用していること,機能的には空間的に並列な入力に対しほぼ実時間で周波数成分が得られることが特長である.多相方形波の発生にROMを用いることにより,任意の周波数成分を任意のタイミングで出力することができる並列入力-逐次出力形のフーリエ変換器が容易に得られた.32ポイント入力の試作装置による実験の結果,比較的高い精度のものを得ることができた.本フーリエ変換器の応用の一例として平面波(音波)の到来方向および強度のブラウン管表示の実験結果を示す.