光励起DLTS法による少数キャリヤトラップの測定

滝川 正彦  生駒 俊明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J64-C   No.1   pp.32-38
公開日: 1981/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(557.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
禁制帯幅より小さいエネルギーを持つ光を用いる“光励起”DLTSでは,過渡応答の振幅PT)に温度依存性があるため,そのスペクトルが多数キャリヤトラップDLTSスペクトルと異なり,従来の解析法を用いたのでは深い準位の活性化エネルギーEt,捕獲断面積σtが正しく求まらないことを指摘した.そこで,PT)の温度依存性を考慮し,“光励起”DLTSスペクトルから少数キャリヤトラップのEtσtを求める方法を提案した.これらの方法をGaAs p+n接合中のFe準位のEtσtの導出に適用し,その結果を注入DLTSで得られた結果と比較することによって,その正当性を確認した.更に検出感度,測定可能準位を励起光エネルギーの関数として与え,それらを従来のDLTS法と比較,検討をし,“励起光”DLTSを少数キャリヤトラップの測定手法として確立させた.