心臓内血流分布の計測と画像化

千原 国宏  松尾 裕英  北畠 顕  阿部 裕  桜井 良文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J64-C   No.12   pp.883-890
公開日: 1981/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(643.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
人間の眼には直接見ることができない医用情報を計測し画像化することは,診断精度の向上をもたらし,よりよい医療を行う上で非常に有用である.本論文は,心臓内の血流状況を非侵襲的に計測するために超音波多チャネルドプラ血流計を開発し,計算機を用いて血流情報を画像化しようとするものである.まず,多計測点でのデータ収集を容易にし,計算機に血流ドプラ信号を取り込むために,ICを用いて多チャネルデータアクイジション装置を製作した.更に,計算機処理に適した新しい血流方向判別法を提案し,カラー/グレイレベルディスプレイ,グラフィックターミナルを出力装置として血流情報を場所と時間の関数の形で3次元表示・地図的表示・動画像表示を検討した.一般に,超音波計測は定量性に若干欠けるところがあるといわれているが,モデル流路実験により本血流計の精度についても検討した.現在,これらのデータ処理はオフラインで実行しているが,アレープロセッサなどを利用すれば,リアルタイム処理が可能と考えられる.