10×10マトリクス光スイッチの試作

山本 尚生  荻原 春生  横山 雅明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J64-C   No.12   pp.819-826
公開日: 1981/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(692.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
多数の入出力ファイバ相互を低損失で任意に接続することが可能なマトリクス光スイッチの構成法と試作結果を述べる.まず,レンズ系に関して,従来小規模スイッチに用いられてきたコリメート光学系で大規模スイッチを構成すると,口径食あるいはモード変換による損失が発生することを指摘し,望遠光学系を用いれば原理的にはこれらの損失を生じることなく大規模なスイッチの構成が可能であることを示す.次に光路切換手段に関して,5角プリズムを適当な位置で1点自在支持し平面に押しつける方法を採用することにより,光路切換後の光線の角度誤差および平行移動誤差を小さくできることを示す.最後に,これらの構成法に従って試作した10×10規模のスイッチの設計法および実験結果について述べる.