ターミナル管制の統一的モデル化と評価について―時間軸モデル,平均遅延時間,警報率―

水町 守志  伊藤 益敏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J64-B   No.8   pp.847-853
発行日: 1981/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(556.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ターミナル領域における航空交通管制の時間軸上のモデルを提案した.すなわち,ターミナル管制を時間軸上の操作として表現し,時間調整幅と指示の回数および運航精度によって規定し,この時間調整幅と指示の回数の組合せにより,現実の各種管制方式を包含し得ることを示した.又,方式の評価に従来からの「遅延時間」以外に安全性の観点から「警報率」を取り入れた.「警報率」は航空機相互の間隔が管制間隔以下となる確率として定義される.これらモデルについてシミュレーションを行い,遅延時間,警報率と運航との関連を明らかにした.なお,このようなモデルで管制方式を論ずることにより,具体的な方式実現の問題を統一的に解明し,その本質を論ずることが可能となり,具体的方式の評価が容易に行えるデータが得られた.