厚みのある半無限損失誘電体スラブによる平面電磁波の散乱

青木 和男  内田 一徳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J64-B   No.8   pp.808-815
発行日: 1981/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(606.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,導電率をσとする損失のある厚い半無限誘電体スラブに,平面波(E波)が入射したときの散乱問題をフーリエ変換論を用いて精密に定式化を行っている.まず,問題が連立ウィーナー・ホッフ方程式を解くことに帰着されることを示し,その形式解を与えている.更にこの結果が,既に報告されている無損失(σ=0)及び完全導体(σ→∞)の場合にも容易に適用できることを示している.一方,散乱遠方界をあん部点法を用いて求め,その幾何光学的な解釈を行っている.最後に,形式解に含まれるブランチカットに沿う積分の一評価法を提案し,散乱遠方界について数値計算を行い,媒質の損失,スラブの厚み及び入射角度の散乱遠方界に及ぼす影響を調べ,その効果について考察を加えている.