通信線路端末に現れる雷サージ波形の特性

古賀 広昭  元満 民生  田口 守彦  貝津 良輔  山口 開生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J64-B   No.7   pp.627-634
発行日: 1981/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(634.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近,通信機器は固体電子化や小形化が進み,通信線路から侵入する雷サージに対する耐圧特性が厳しくなってきている.通信機器を雷サージから適切に防護するためには,侵入する雷サージの電圧および波頭長,波尾長の発生分布を明らかにする必要がある.本論文は,線路に誘起する雷サージ波形の性質を主に実験的に求め,既報告の理論式と対応し理論式の妥当性を示すと共に,線路構成法(接地抵抗・線路長・線路構造・分岐の有無)の違いによる雷サージ特性や地域特性(大地導電率・雷の季節変動)の違いによる雷サージ特性を理論的・実験的に示したものである.更に,通信線路の電話局内端末,加入者端末に現れる雷サージの電圧,波頭長,波尾長の発生分布を明らかにしている.この結果は,日本の通信機器の雷防護のための基礎データとして提供できるものと考えられる.