バイフィックスフリーパターンを用いたDPCM画像用可変長符号化方式

斉藤 忠夫  猪瀬 博  谷中 一寿  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J64-B   No.4   pp.263-270
発行日: 1981/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(713.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
濃淡画像のDPCM可変長符号化には,従来,ハフマン符号などのブロック符号が用いられているが,ミッドライザ形量子化器で0近傍の二つの量子化レベルへの集中が強い場合,情報源の拡大を行わない通常の符号化では,最適なハフマン符号を用いても,なお冗長性が存在する.これは,符号の木において枝の先端にしか符号語を割り当てないという,瞬時復号可能なブロック符号の制約によるものである.本論文では,HDLCにおける透過性確保の方式にヒントを得た,ダミービットそう入を伴う非ブロック符号による,簡単で効率良い符号化方式を提案する.これは,原理的にはバイフィックスフリーパターンの性質を応用したもので,0の近傍の2レベルへの集中が強い場合,ハフマン符号よりも,更に圧縮率の高い符号化が可能であることが示される.又,画像の性質に応じて適当なパラメータを選択することもでき,画像の局所的性質に適応した符号化も容易に実現される.本論文では,この方式を,理論ならびに標準画像を用いたシミュレーションにより検討する.