降下法による二つの特性の同時近似

ウィワット キラーノン
町田 東一
米山 正雄

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J64-A    No.6    pp.437-444
発行日: 1981/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(555.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文は,システムの特性近似において同一システムの異なる二つの要求特性が与えられた場合の降下法による近似について述べたものである.この近似法はある適切な初期パラメータから出発し,各特性の評価関数のこう配ベクトルから両評価関数を同時に減少させる降下方向ベクトルを決定し,それより補正近似パラメータを求めて逐次近似を行うという方法である.まず,このアルゴリズムでは各逐次近似のステップにおいてある所定の条件の下では両評価関数が必ず減少することを示した.次に,従来とは違った意味の両特性の重み係数を提案し,それは任意の正数で与えられるが,ここで選んだ重み係数を用いると両評価関数はこの方法により所定の率で同時に減少することを示した.すなわち,この重み係数としてここでは両特性の基準化された減少量の比率が各繰り返しステップにおいて等しくなるものを選べることが示されている.更に,この手法の同時逐次近似の収束の限界を明確にした.最後に,本方法の有効性およびここで選んだ重み係数が適切であることを例示する.