阻止域の有限周波数に一対の極をもつチェビシェフ形分布定数フィルタの設計法

降矢 順治  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J64-A    No.3    pp.211-218
発行日: 1981/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(623.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
通過域にチェビシェフ特性をもち,阻止域の有限周波数に一対の極をもち,縦続素子が動作減衰量に寄与する分布定数低域フィルタ及び分布定数高域フィルタを取り上げ,その設計法を述べている.取り上げた分布定数フィルタは,同じ回路次数では,無極チェビシェフ形分布定数フィルタよりも改善された立上り特性をもち,だ円関数形分布定数フィルタ寄りの立上り特性をもつものである.集中定数低域フィルタに用いられているチェビシェフ関数を阻止域に極をもつ分布定数フィルタに使用可能なチェビシェフ関数に発展させ,取り上げた分布定数フィルタの特性関数を導く方法を明らかにし,仕様を厳密に満足するように考慮した回路関数を導いている.阻止域に一対の極をもつチェビシェフ形分布定数フィルタの特性関数は第1種および第2種チェビシェフ多項式を用いることにより決定され,阻止域有限周波数の極を比較的容易に決定することもできるので,この種の分布定数フィルタの設計はだ円関数形分布定数フィルタの設計よりも簡単となる.最後に,具体的な仕様に基づいた設計例を示した.