ディジタルフィルタにおけるリミットサイクルの実効値の上界とその軽減法について

久保田 一  辻井 重男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J64-A   No.1   pp.63-70
発行日: 1981/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(481.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
巡回形ディジタルフィルタにおいては,リミットサイクルと呼ばれる一種の発振現象が生じやすく,フィルタ設計上重要な問題となっている.従来,リミットサイクルの上界を評価する方法が種々提案されている.ここでは,リミットサイクルの周期に上界があることに着目し,この周期の上界を考慮したリミットサイクルの実効値の上界について論じている.まず,2次の基本的な全極形フィルタについて,丸めという非線形操作を誤差系列と線形システムに分解し,誤差系列とリミットサイクルの関係を定式化する.次に,リミットサイクルの周期の上界を考慮することにより,従来得られている上界に比べ,より正確な上界を求めている.更に,リミットサイクルの計算シミュレーション値と,従来および本論文の評価を比較している.最後に,上界の解析結果に基づいて,フィルタ仕様を変えないで,サンプリング周波数と,それによって決定される伝達関数の係数を変えることで,リミットサイクルを軽減できる可能性のあることを具体例によって示す.