多出力DC-DCコンバータにおけるクロスレギュレーション誤差の補償について

原田 耕介  二宮 保  鍋島 隆  河野 光雲  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J63-C   No.9   pp.625-632
公開日: 1980/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(497.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
1個のリアクトルに複数の出力巻線を設け,安定化された多出力電圧を供給する直流電源,すなわち,クロスレギュレーションを利用した多出力DC-DCコンバータは小形,軽量で部品点数が少なく,しかも効率が良いという特長をもっているが,巻線間の漏れ磁束や巻線などの内部抵抗によりクロスレギュレーション誤差が生ずる.本論文では,このクロスレギュレーション誤差を,効率を大幅に損なうことなく補償するために,クロスレギュレートされた出力回路に補助スイッチングトランジスタをそう入し,パルス幅制御を行う方法を提案し,その基本動作と定常特性を,2出力昇降圧形DC-DCコンバータについて解析および実験により明らかにした.その結果,このコンバータには二つの動作モードが存在し,それぞれのモードにおける負荷特性に著しい違いがあることが分かり,更に,各モード間の境界条件を定量的に示した.又,補助トランジスタに帰還を施すことにより,クロスレギュレーション誤差を補償するだけでなく,任意の電圧で安定化できることを明らかにした.