濃淡ファクシミリ画像の帯域圧縮のマイクロプロセッサによる実現と差分平面符号化方式の提案

斉藤 忠夫  中川 裕志  谷中 一寿  佐野 文男  猪瀬 博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J63-B   No.12   pp.1216-1223
発行日: 1980/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(947.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロプロセッサのもつ柔軟性を利用して,これをファクシミリに応用する研究が進んでいる.一般に,汎用1チップマイクロプロセッサは,その処理能力の限界により,符号化,復号処理までを実現することは困難と考えられている.しかし,濃淡画像,また濃淡画像と文字との混合画像の効率的な符号化においては,柔軟性のあるソフトウェア処理が望ましい.本論文では,1チップマイクロプロセッサによる,ソフトウェアでの画像の復号処理の限界について,実験的な検討を行い,一つの定量的な限界を示している.更に,この限界内で可能な符号化方式として,差分平面符号化方式を提案した.特に,第1差分平面における符号化方式を画像の性質によって切り換えることにより,混合画像の効率的な符号化が可能であることを実証した.