2項形式で示される不均一線路の等価回路とその応用

小林 邦勝  根元 義章  佐藤 利三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J63-A   No.11   pp.807-814
発行日: 1980/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(482.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
線路定数が距離xの関数で表される不均一分布定数線路のうちで,電信方程式の厳密解が求められるものの中に線路定数が距離xの指数関数で変化する指数線路と2項形式(axb±2nで変化する2項形式線路がある.指数線路は古くから種々議論されているが,2項形式線路は特性インピーダンス分布の関数形が異なれば電圧・電流分布の厳密解も異なるため,統一的には議論されていない.本論文は,2項形式線路を統一的に取り扱う一つの手法として,まず,次数が2n次である2項形式線路の電信方程式の厳密解を求め,この等価回路が均一分布定数線路と集中リアクタンス素子ならびに理想変成器の縦続接続として得られることを示す.次に,2項形式線路と指数線路との関係を検討し,両者の入・出力端の特性インピーダンスを一致させ,2項形式線路の次数nを無限大とすれば2項形式線路は指数線路に等しくなることを示す.最後に,本論文で得られた2項形式線路の等価回路の一つの応用例として,直列の集中コンデンサと均一分布定数線路からなる高域フィルタを2次の2項形式線路と直列の集中コンデンサで構成する手法を示す.