教育評価に利用するテストの項目関連構造分析

竹谷 誠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J62-D   No.7   pp.451-458
発行日: 1979/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(669.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
教育工学,とりわけCMI(Computer Managed Instruction)の進展に伴って,テスト得点一覧表の特性解析は,学習指導の評価の面から重要な研究課題となっている.その一つに,テスト項目(問題)の関連構造化に関する研究があるが,その理論的解析は研究途上にある.本論文は,テスト項目に対する学習者の正反応に基づいて,テスト項目の関連構造を解析する手法-項目関連構造分析-を提案している.第1に,項目対間の関連性として,“上下位関連性”,“等価関連性”を定義し,それらの意義と妥当性を考察する.第2に,構築したテスト全体の項目関連構造の分析のための道具立てとして,“共に必須の直接下位項目”と“上下位関連の推移性”の概念を導入し,多項目間の項目関連構造分析法を提案する.第3に,項目関連構造を更に詳細に吟味する手法として,多項目間の正反応の論理構造を解析する手法を示す.最後に,本分析法の特長,応用,今後の課題を示す.本分析法は,テスト項目の階層構造化に適用し,テストの構成や解析に利用できるばかりでなく,教育情報のデータベースの基礎概念として,更にCAIなどの学習プログラムの構造解析法としても応用できる.