結像パターンを用いた長波長ホログラムの結像パラメータの推定法

鈴木 洋一  青木 由直  鈴木 道雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J62-C   No.6   pp.437-444
公開日: 1979/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6113
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(724.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
フレネル変換ホログラフィではホログラムのフレネル変換によって像が再生されるが,フレネル変換には変換に付随したパラメータ(結像パラメータ)がある.数値的像再生において,このパラメータの値が未知の場合には,何らかの方法によりパラメータの値を決定せねばならない.パラメータの値を変化させて像再生を行い,再生像を比較して最良の再生像から最良のパラメータの値を決定するのが最も確実な方法ではあるが,多大の計算時間と労力を要する.本論文では,ホログラムに垂直な直線上での再生像の振幅分布から結像パラメータの値を推定する方法を提案する.計算の高速化を計るため,実際にはホログラムを座標に関して2次関数状にサンプルして,そのフーリエ変換である結像パターンのピークより結像パラメータの値を推定する.先に述べた従来の方法と比較して,この方法では計算時間を大幅に短縮できる利点がある.実際に音波ホログラムを用いた結像パラメータの推定実験を行い,良好な結果を得た.